浮気調査の依頼は増えている?

浮気調査の依頼は非常に増えています。
以前は妻が夫の浮気を疑って浮気調査依頼をするというのが圧倒的に多かったのですが、女性が社会進出するようになり、共働き世帯が増えると、夫が妻の浮気を疑って浮気調査依頼をするというパターンも増えるようになったのです。
もちろん妻が専業主婦であっても同じです。
妻の立場というのは専業主婦あるいは兼業主婦という2つのパターンがあります。
いずれにしろ、時間を見つけて浮気をする人というのは男性も女性もあとを断たないものです。

 

最近、探偵事務所や調査会社の数は増えていることをご存知でしょうか。
これはなぜかというと、調査会社や探偵事務所に依頼しなければならないような犯罪が増えているということはもちろんですが、浮気調査依頼件数が増えているため、ということもあります。
現在の日本は離婚率が高く、その原因の一つが浮気というのは誰もが疑いようのない事実です。
もちろん性格の不一致などによっても離婚はありますが、浮気したから離婚する、ということを結婚前から決めている人というのは割りと多いものです。
ある人は探偵業の仕事は90%浮気調査であるといいます。
それだけ浮気調査の依頼は多いのです。
浮気調査は当然政府関係者が行ってくれるはずもありませんし、民間企業に依頼するしかありません。
浮気が発覚すれば慰謝料を請求できますし、離婚することも、復縁することも可能です。
浮気という証拠が、浮気された人の強い味方になってくれるのです。

 

調査会社や探偵業を営む人は調査のプロです。
個人で購入すれば何十万、何百万にもなる機材を駆使して調査をしますし、張り込みや尾行も得意です。
これは長年積み上げた経験によるものです。
また別の調査会社で経験を積んだ人が、新しく事業所を開設するというパターンも多くなっています。
そして新たに開設した事業所への依頼の多くが浮気調査なのです。
日本の離婚率の上昇から考えても、浮気調査の依頼数は増え続けているのです。