浮気調査で浮気が分かった後は?

パートナーの浮気が発覚したらどのように行動すればいいのでしょうか。
調査会社に浮気調査を依頼したり、自分で独自に浮気調査をして、パートナーが浮気している証拠を押さえたあと、どうすればいいのか分からないという人は意外と多いものです。
というのも、たいていの人は浮気調査依頼をするときには、パートナーが浮気をするなど許せない、どうにかして浮気をやめさせたい、浮気しているなら離婚してやる、という怒りや不安などの感情ばかりが高ぶって、浮気が発覚したあとの具体的な動向まで考えていないからです。

 

まずすべきことは心を落ち着けることです。
今後、生活していくうえでもっともいい方法を考えるのです。
浮気が分かったら離婚するのか、修復して関係を続けるのか決めなければなりません。
そしてその具体的な内容も考えていかなければなりません。
浮気=離婚ということは絶対的な好条件ではありません。
確かに浮気はいけないこと、裏切りといわれていますが、パートナーが浮気相手にどの程度心を開いていたのか、何度浮気をしたのかで状況は一変します。
さらに夫婦どちらかの浮気である場合、夫婦に子どもがいるかどうかということでも対応が変わるのです。
一度裏切られると許すというのは非常に高いハードルになります。
パートナーの言葉や態度から誠意が見られるか、反省している様子が分かるかどうかということも、今後の対応にかかわってきます。

 

もしパートナーに浮気の心配が出てくるようなら、事前に浮気が発覚したときにどうするか決めておきましょう。
浮気が分かる方法としては、携帯電話を確認する、留守中に突然帰ってみる、電話を入れてみるという方法が有効です。
ですがこちらから浮気をしているのではという疑いの目を向けてしまうと、パートナーもいやな気持ちになります。
ずっと浮気の心配をするのはお互いに疲れるだけですから、浮気の心配が要らない関係性というのがもっとも重要なのかもしれません。